三重県知事「男系男子維持すべき」 皇位継承のあり方で

鈴木英敬三重県知事は22日の定例記者会見で、皇位継承のあり方について「126代続く皇室を維持すべき」などと述べ、男系男子だけに皇位継承を認める現行制度を維持すべきとの考えを示した。

記者会見で皇位継承への考えを問われた鈴木知事は「個人的見解」とした上で「日本国憲法を作ったときに闘った歴史や世界でもまれな126代の継続を途絶えさせるわけにはいかない」と述べた。

女性活躍や家族を巡る議論と「皇室の議論は別」と強調。「126代続く皇室を維持する方策を考えた方が良い。外に出た男系男子の方を戻されたら良いと思う」と、旧宮家の皇籍復帰を主張した。