亀山 昼生小に大型冷風扇 保育園には液晶テレビセット 第三銀と草川製作所が寄贈 三重

【寄贈式に出席した(右から)戸谷部長、草川専務、平野園長、渥美校長=亀山市中庄町の市立昼生小学校で】

【亀山】第三銀行(三重県松阪市京町、岩間弘頭取)と草川製作所(亀山市三寺町、草川隆彦社長)は21日、同市中庄町の市立昼生小学校を訪れ、SDGs私募債の受託に伴う手数料の一部を基に、同小に大型冷風扇1台、市立昼生保育園に32型液晶テレビとDVDプレーヤー1セットを寄贈した。

同行の戸谷高明営業推進部長(59)と同製作所の草川博之専務(51)が出席し、渥美厚子校長と平野美紀子園長に目録を手渡した。

同行は私募債を発行する事業所から受け取る手数料の一部を基に、事業所指定の地域の学校や医療・福祉施設に必要な品物を寄贈している。県内外で90例目。亀山支店管轄では初めて。

同小校区内の同製作所は、大型店舗などの重量鉄鋼の施工をしており、草川社長、専務とも同校の卒業生。

草川専務は「児童や園児のより良い生活に役立てて」とあいさつ。渥美校長は「酷暑の夏場に体育館で使う」、平野園長は「園児らが休憩する午後の時間に活用する」と謝辞した。