料理人へ第一歩 相可高校食物調理科 生徒に白衣包丁授与 三重

【吉川校長(左)から包丁セットを受け取る新入生代表=多気町相可の相可高校で】

【多気郡】三重県立相可高校食物調理科は16日、多気町相可の同校調理室で「白衣包丁授与式」を開いた。調理師コースの新入生20人が料理人への一歩を踏み出し、包丁研ぎを学んだ。

県唯一の調理科ならではの式典として入学式とは別に開催している。調理師になるための精神と、衛生的で道具を大切にする気持ちを養う。

吉川秀明校長が新入生代表に出刃包丁や刺し身包丁など和洋包丁セットを手渡した。

吉川校長は「皆さんの目が希望に満ちあふれている。心を満たすような料理を作れるようになってほしい。忙しく厳しいが、ぜひ乗り越えて頑張ってほしい」と激励した。

閉会後、西岡宏起教諭が砥石(といし)で包丁の研ぎ方を指導した。