カード14枚、656万円詐欺被害 四日市の女性、警官装う男に 三重

【四日市】三重県の四日市南署は14日、警察官などを装った男らから四日市市の80代女性がキャッシュカード14枚をだまし取られたと発表した。女性の口座からは計656万円が引き出されていた。同署が詐欺事件として捜査している。

同署によると、12日午後、女性宅に警察官を名乗る男から電話があり「銀行の職員が偽造されたあなた名義のキャッシュカードと通帳を持っていて、不正に出金されている」などと言われた。

その電話中に男が自宅を訪問。女性は男の指示通りにキャッシュカードを封筒に入れ、印鑑を取りに行ったところ、その場を離れている間に別の封筒にすり替えられた。

男が立ち去った後、別居の長女に相談して、詐欺に気付いた。女性の口座からは12日中に複数回にわたって計656万円が引き出されていた。