外国人向け相談窓口を開設 三重県、新型コロナワクチン接種で

三重県は12日、新型コロナウイルスのワクチン接種に関する外国人住民向けの相談窓口=電話080(3123)9173=を開設した。11言語に対応し、委託先の県国際交流財団が相談に応じる。

県によると、相談窓口は日本語や英語、中国語、韓国語、フィリピノ語、タイ語などに対応。祝日と土曜を除く午前9時から午後5時まで無料で受け付ける。副反応や予約などの質問を想定している。

県は2月にワクチン接種の県民向けホットラインを開設。県内で住民向け接種が始まったことを受けて外国人住民向けの開設を決めた。厚労省も1日から、コールセンターを多言語対応にしている。

鈴木英敬知事は12日のぶら下がり会見で「心配事に対し、きめ細かに丁寧な対応をしていく。県内の外国人住民にワクチン接種への理解を深め、接種を受けるかどうかを判断してもらいたい」と述べた。