皇學館大が開幕3連勝 三重学生野球・春季リーグ

【鈴鹿大―皇學館大 六回2死二、三塁から勝ち越しの2点適時3塁打を放った皇學館大・村田=安濃球場で】

(第2週・安濃球場)
三重学生野球リーグの春季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は10日、皇學館大―鈴鹿大、四日市大―三重大の各1回戦が行われ、皇學館大、四日市大が先勝した。皇學館大は開幕からの連勝を3に伸ばした。

皇學館大は鈴鹿大を10―3の八回コールドで退けた。先攻の鈴鹿大に一回3点を先制されたがその裏1点を返すと六回1死一塁から敵失にスクイズを絡めて同点にすると、なお2死2、3塁の好機で8番村田怜音(2年・相可)の右越え適時3塁打で2点を勝ち越し。その後も得点を重ねた。

四日市大は三重大を10―2の七回コールドで下した。2―2で迎えた三回、連続四球で2死満塁とし9番堰口広大(3年・延岡学園)の中前打や敵失などで3点を加えて勝ち越すと四回無死満塁から6番橋本雄太(2年・暁)の走者一掃の右越え適時3塁打などで5点を加えて突き放した。