いなべで故北山さんキルト展

【北山さんが手掛けたキルト作品に見入る来場者=いなべ市北勢町田辺の哲学舎という名の美術館で】

【いなべ】画家の原田泰治さんが描いた絵画をキルトで再現した温かみのある作品を集めた「ばあちゃんの布あそび展」が、三重県いなべ市北勢町田辺の哲学舎という名の美術館で開かれている。7月4日まで。毎週月、火曜日と5月3、4、5日は休み。

東京都清瀬市のキルト作家、北山玲子さん(1931―2014年)が手掛けた約20点を並べている。北山さんは50代後半からキルトを作り始め、原田さんの絵画を布と糸で表現するコンクール「第2回絵画キルト大賞」で優秀賞を受賞。生前、原田さんの絵の世界をキルトにして、数多く残した。

入館料は大人800円、小中学生500円、3歳―幼児300円(飲み物と生チョコが付く)。問い合わせは同美術館=電話0594(72)7867=へ。