厚労省送別会、自粛要請に矛盾 三重県知事が指摘

鈴木英敬三重県知事は9日の定例記者会見で、厚生労働省の職員23人が参加する送別会が深夜まで開かれていた問題について「国民に言っていることと矛盾していることを重く受け止めてほしい」と述べた。

鈴木知事は「報道ベースでしか存じ上げず、詳細を申し上げる立場にない」としつつ、この送別会について「どう考えても大人数で長時間だと思う」と指摘。「誰かが言い出せなかったのだろうか」と語った。

その上で、県職員には大人数、長時間の歓送迎会は参加や実施を控えるよう、総務部長名で通知を出していると説明。「同じ行政組織として立ち居振る舞いに落とし込んでいく必要がある」と語った。