クジラの死骸が漂流 三重・尾鷲海保が発見、船舶航行に注意呼び掛け

【漂流しているクジラの死骸=尾鷲湾湾口付近の海上で(尾鷲海上保安部提供)】

【尾鷲】9日午前9時半ごろ、三重県尾鷲市の桃頭島灯台から北東約2キロの海上で、クジラの死骸が漂流しているのを、パトロール中の尾鷲海上保安部の巡視艇が発見した。

尾鷲海保によると、クジラは全長約12メートル、種類や性別は判明していない。腹を上にした状態で漂流していた。腹にガスがたまっており、腐敗が進んでいるという。尾鷲海保は付近の漁協に情報提供し、航行する船舶に注意を呼び掛けている。