津地検 補助金詐取の男を追起訴 三重

自治会に設置したごみ収集庫の補助金をだまし取ったとして、津地検は7日、三重県津市中河原、無職田邊哲司容疑者(61)を詐欺罪で追起訴した。また、同市長岡町の会社員端地満容疑者(63)を同罪で起訴した。詐欺容疑で逮捕された同市豊が丘の会社役員男性(61)は処分保留で釈放した。

起訴状によると、津市相生町地内に設置したごみ収集庫5基の代金が約245万円とするうその領収書を津市職員に提出し、令和元年7月3日に同町自治会会計名義の口座に75万円を振り込ませてだまし取ったとしている。