津市 元自治会長らを再逮捕 工事装い詐欺疑い 三重

【津】津署は7日、詐欺の疑いで、三重県津市中河原、元相生町自治会で無職田邊哲司容疑者(61)=詐欺罪で起訴=と、同市雲出伊倉津町、塗装業増田宏和容疑者(38)=詐欺罪で起訴=を再逮捕した。

逮捕容疑は、2人が共謀し、自治会の集会所の修繕工事をする事実はないのに、約250万円の修繕工事費とするうその見積書と補助金概算払申請書を市に提出して市職員をだまし、平成27年2月20日に指定口座に100万円を振り込ませた疑い。同署は2人の認否を明らかにしていない。

同署によると、両容疑者は、自治会の掲示板の設置を巡ってうその申請書を市に提出し、現金をだまし取ったとして、今年2月24日に同署に逮捕されている。

また、田邉容疑者は自治会に設置したごみ収集庫5基の工事代金としてうその領収書などを市職員に提出し、現金をだまし取ったとして3月18日に同署に逮捕されている。