競泳リレー 難波が東京五輪へ 四日市出身 三重

【難波暉】

三重県四日市市出身の難波暉(24)=新東工業=が7日、水泳・競泳の男子400メートルリレーで東京オリンピック出場を決めた。

東京五輪代表選考を兼ねて五輪会場の東京アクアティクスセンターで同日行われた競泳の日本選手権男子100メートル自由形決勝で48秒88で4位になり、難波を含む上位4人のタイムの合計が400メートルリレーの五輪派遣標準記録を突破したため代表に内定した。

四日市市立常磐中、豊川高校(愛知)、中京大(愛知)を経て愛知県に本社を置く新東工業に所属。2019年世界選手権400メートルリレーの代表にも選出されたが五輪代表選出は初めて。