三重学生リーグ 皇學館大、鈴鹿大が2連勝

【近大高専―皇學館大 六回、二塁打を放つ皇學館大・中川=安濃球場で】

(第1週・安濃球場)
三重学生野球リーグの春季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は4日、近大高専―皇學館大、鈴鹿大―四日市大の各2回戦が行われ、皇學館大、鈴鹿大が2連勝して、ともに勝ち点1を挙げた。

皇學館大は13―3の七回コールドで近大高専を下した。連続四球や敵失にもつけ込んで三回一挙5点を奪って均衡を破ると五回以降毎回得点で突き放した。チーム盗塁7と機動力でも圧倒した。

鈴鹿大は四日市大を3―0で退けた。四日市大先発堀田明嗣(3年・折尾愛真)を攻めあぐねる中、四回1死から4番松本詞裕(3年・和歌山南陵)の左翼線三塁打から好機を作り1点先制すると八回敵失にも乗じて2点を加えた。