鳥羽市長選告示 現新の一騎打ちに 16年ぶり選挙戦 三重

【鳥羽】任期満了(4月20日)に伴う三重県の鳥羽市長選が4日、告示された。いずれも無所属で、現職の中村欣一郎候補(62)=安楽島町、自民党推薦=と、元市議の小久保純一候補(63)=鳥羽五丁目=(届け出順)の2氏が立候補し、現新一騎打ちによる選挙戦が幕を開けた。投開票は11日にある。

平成17年以来16年ぶりとなる選挙戦。無投票で当選した中村氏の4年間の実績への信任を問う位置付けで、新型コロナウイルス感染拡大の影響下での産業活性化や人口減対策などが主要な争点となる見通し。

投票は11日午前7時―午後6時まで市内26カ所の投票所で受け付け、午後8時から市役所西庁舎大会議室で開票する予定。午後10時には大勢が判明する見通し。期日前投票と不在者投票は市役所西庁舎で5―10日午前8時半―午後8時まで。不在者投票は手続きに時間が必要となることから7日までの申請を推奨している。

4月3日現在の選挙人名簿登録者数は1万5727人(男7305人、女8422人)。