鳥羽市長選あす告示 現新2氏表明 16年ぶり選挙戦か 三重

【鳥羽】任期満了(4月20日)に伴う三重県の鳥羽市長選は4日、告示される。元市議の新人小久保純一氏(63)=鳥羽五丁目、無所属=と現職の中村欣一郎氏(62)=安楽島町、自民推薦=50音順=が立候補を表明しており、平成17年以来16年ぶりの選挙戦となる公算が高い。新型コロナウイルス影響下での産業活性化や人口減対策などが争点となる見通しで、投開票は11日。

小久保氏は市長給与の2割削減や副市長の撤廃に加えて民間の経営手法を取り入れた市政改革と財政健全化を主張。学校法人など教育分野での改革実績を主張しながら、県立大学誘致などを公約に掲げる。

中村氏は、海女文化の発信や文化会館サブアリーナ建設などの実績を前提に、水産研究所を中心とした海洋研究拠点の確立や、都市機能を集約させる「コンパクトプラスネットワーク」を公約としている。

立候補は午前8時半―午後5時まで市役所で受け付ける。投票は11日午前7時―午後6時まで、市内26カ所の投票所で受け付けし、午後8時から市役所西庁舎大会議室で開票する。午後10時には大勢が判明する見通し。期日前投票と不在者投票は市役所西庁舎で5―10日午前8時半―午後8時まで。不在者投票は手続きに時間が必要となることから7日までの申請を推奨している。

3月1日現在の選挙人名簿登録者数は1万5729人(男7297人、女8432人)。