津市 ワクチン接種券を発送 高齢者対象 三重

【発送される接種券や予診票の見本=津市役所で】

【津】三重県の前葉泰幸津市長は2日の定例記者会見で、65歳以上の高齢者を対象に新型コロナウイルスワクチンの接種券の発送を開始したと発表した。接種の開始は5月中旬以降になる見通し。

市によると、今回の発送で接種券が届くのは、市内の高齢者約8万5千人。接種券のほかに接種時に必要な予診票や接種案内、ワクチンの説明書、個別接種が可能な医療機関の一覧が封入されている。

接種希望者は事前に電話などで予約し、接種券と予診票、本人確認書類を接種会場に持参する。1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受ける。予約の受け付けは5月以降に開始する。

前葉市長は巡回型接種の会場を「旧津市と旧久居市以外の旧8町村で考えている」と説明。開始時期について「ワクチンの量次第なので言えない。5月の中旬には接種会場をオープンさせたい」と述べた。