新型ウイルス ワクチン接種でアナフィラキシー 県内4例目の発症 三重

三重県は1日、県内で新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた医療従事者がアナフィラキシーを発症したと発表した。ワクチン接種が原因とみられるアナフィラキシーの発症は県内で4例目。

県によると、アナフィラキシーを発症したのは20代の女性。27日に接種してから約20分後に首から上腕にかけてかゆみや発疹がみられたほか、血のめぐりが悪くなった。医師がアドレナリンを注射した結果、血のめぐりが改善し、発疹も徐々に解消した。現在は回復している。

女性は気管支ぜんそくとてんかんの基礎疾患があった。接種した医療機関が30日に関係機関を通じて国に報告した。厚労省が接種との因果関係を調べる。