亀山の児童発達支援施設 SCに「エイド」開所 三重

【ゲームで遊ぶ子どもらを見守る山本取締役(左から2人目)=亀山市東御幸町の「エイド亀山」で】

【亀山】三重県亀山市関町木崎の「児童発達支援 放課後デイサービス・エイド」(山本真司取締役)は1日、同市東御幸町のショッピングセンター「亀山エコー店」に「エイド亀山」を新たに開所した。2カ所目となる。

軽度な障害や発達の遅れのある未就学児・就学児を支援する。個別療育や遊びを取り入れ、自立する力やコミュニケーション力を身に付ける。

山本取締役は「現在運営している関町木崎のエイドは利用者が多く、要望に応えるため新たに市内の中心部に開所した。スタッフを募集しています」と話していた。

午前9時半―午後6時(土曜は午後4時まで)。日曜は休み。定員は1日当たり10人まで。問い合わせはエイド亀山=電話0595(98)4378=へ。