新型ウイルス 県内、新たに24人が感染 三重

三重県は1日、10代から80代までの男女24人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日あたりの新規感染者が20人以上となるのは42日ぶり。県内の感染者は延べ2777人となった。

県によると、新規感染者は津市と四日市市で7人ずつ、桑名市で4人、名張市で2人、松阪市、伊賀市、鈴鹿市、紀北町で各1人。四日市市と津市、桑名市、紀北町の8人は感染経路が分かっていない。

津市、松阪市、伊賀市の20代の男女6人は三重大を含む県内の大学生や卒業生らで、先月25―27日に開かれた食事会に参加した。県は食事会がクラスターとなる可能性が高いとみて、接触者調査を進めている。

また、県は県内の男性1人が新型コロナウイルスの変異株に感染したことが判明したと発表。先月下旬に新型コロナの感染が確認され、民間の検査で変異株と判明した。県内の変異株感染者は41人となった。

このほか、既に変異株への感染が判明している県内の2人について、英国型だったと発表した。2人とも英国型と判明している感染者との接触が確認されている。英国型の県内感染者は13人となった。