自転車の幼児用座席 「小学校入学まで」に緩和 県道交法規則改正 三重

三重県の道路交通法施行細則が一部改正され、4月1日から自転車の幼児用座席に乗せられる子どもの年齢が「6歳未満」から「小学校入学まで」に緩和される。

改正前は、6歳の誕生日を迎えた子どもを自転車の幼児用座席に乗せることは禁止されていた。

県警交通企画課によると、保育園や幼稚園に通う子どもが6歳になると、保護者は自転車での送迎ができなくなるため、改正を求める声が多く上がっていたという。

同課の担当者は「これまで通り安全運転を心掛けてほしい」と話している。