鈴鹿に高級食パン専門店 「マリリンの秘め事」3日開店 三重

【3日にオープンする高級食パン専門店「マリリンの秘め事」の富田社長(左)とプロデュースした岸本氏=鈴鹿市算所町の同専門店で】

【鈴鹿】三重県亀山市川崎町で学習塾などを経営する「プライデア」(富田味樹子社長)が手掛ける高級食パン専門店「マリリンの秘め事」が3日に鈴鹿市算所町でオープンするのに先立ち31日、同所で内覧会があった。

同専門店は、横浜市在住のベーカリープロデューサー、岸本拓也氏(45)がプロデュースした。岸本氏はこれまで、東京・神奈川で「考えた人すごいわ」や北海道では「乃木坂な妻たち」などユニークな店名を考案するなど、全国各地で高級食パン専門店の仕掛け人として活躍している。全国では203店舗目、県内では4店舗目となる。

同専門店では、北海道産の生クリームに沖縄産の黒糖を掛け合わせ、こくの深い上品な甘みのプレーン味「愛(め)でる朝」1本(2斤・864円税込み)と、オーストラリア産サンマスカットレーズンを使用し、フルーティな酸味が特徴のレーズン味「ナイショの午後」1本(2斤・1058円同)の2種類のほか、サンドイッチやジャムも販売する。

富田社長(55)は「昨年夏に、四日市で見つけた食パン専門店『朝のらしさ』に興味を持ち、自分も店をと岸本氏にプロデュースを依頼した。店名『マリリン』は覚えやすくて気に入っている」と話していた。問い合わせは同店=電話059(389)5554=へ。