医療従事者に1億円 ジャパンマテリアル クオカード、県病院協会へ寄付 三重

【竹田理事長(右)から感謝状を受け取る田中社長=三重県庁で】

新型コロナと闘う医療従事者を応援しようと、ジャパンマテリアル(本社・三重県菰野町)は30日、約1億円分のクオカードを県病院協会に寄付した。新型コロナの感染者を受け入れる病院の医療従事者に配る。

この日、県庁で贈呈式があった。同社の田中久男社長は「医療従事者は想像以上の努力をしている。この先も続くであろうコロナとの闘いを激励したい」と述べ、協会の竹田寛理事長に寄付の目録を手渡した。

竹田理事長は「第4波への危機感が高まる中での温かい支援を大変ありがたく思う」とあいさつ。立会人の鈴木英敬知事は「県内の経済と雇用を支えていただいている上での支援は本当にありがたい」と述べた。

県によると、同社は今月から県に支援の方法について相談していた。クオカードは県内で感染者を受け入れる24の病院で勤務する約7千人の医師や看護師らに1万5千円分ずつ、4月中にも届けるという。