新たに10人感染1人死亡、新型ウイルス三重県

三重県は27日、未就学児から50代までの男女計10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者が10人以上となるのは2日連続。県内の感染者は延べ2695人となった。

また、県は新型コロナウイルス感染症で県内の医療機関に入院していた80代の男性が26日に死亡したと発表した。入院当初は無症状だったという。県内感染者の死者は69人となった。

県によると、新たに判明した感染者は四日市市で4人、桑名市で3人、鈴鹿市で2人、菰野町で1人。四日市市の3人と桑名市の3人、鈴鹿市の1人については、今のところ感染経路が分かっていない。

このうちクラスター(感染者集団)が発生した飲食店「ラウンジユアー」(四日市市)では、30代男性従業員と20代女性従業員の感染が新たに判明。この店舗で判明した感染者は11人となった。

同じくクラスターが発生した県立一志病院(津市)では、新たに40代男性看護師の感染を確認。当初の検査結果は陰性だったが、発症後の再検査で陽性と判明した。この病院の感染者は6人となった。

桑名市に住む未就学の男児は新型コロナとは異なる疾患の治療に当たり、医療機関で検査を受けて陽性と判明。症状はない。感染者との接触は確認されず、県は同居家族や医療従事者ら14人を検査する。