国民県連、立民4候補への推薦結論出ず、支援労組と対応協議 三重

【記者会見に臨む(左から)金森県連代表、大塚党代表代行、加納県連幹事長=津市羽所町のホテルグリーンパーク津で】

国民民主党県連は27日、三重県津市羽所町のホテルグリーンパーク津で開かれた役員会と支援労組との意見交換会終了後、記者会見を開き、県内衆院1―4区の立憲民主党の立候補予定者から出されている推薦依頼について、結論に至らなかったとし、支援労組の意向も踏まえながら対応を検討していく考えを示した。

記者会見には金森正県連代表、加納康樹県連幹事長のほか、県連顧問を務める大塚耕平党代表代行が出席した。

立民の4候補予定者への推薦について、大塚代表代行は「衆院選について党本部同士で候補者調整をやっており、支援体制をどうするかはまだ確定していない」と強調。党同士でまずは体制を構築した上で、都道府県連で対応が進められるとの考えを示した。

一方で、「地方組織の個別の事情もあり、そこは今後の課題」と話し、各県連に対応を委ねる可能性も示唆した。

金森県連代表は「私どもの組織の主たる部分は産別労組。そこの皆さんの気持ちも十分くみして方向を決めていかなければいけない。時間は必要と考える」と述べ、国民支援の産別労組と協議しながら推薦を決める考えを強調した。