書道力作ずらり 四日市で教室作品展 三重

【小学生が書いた毛筆の作品を紹介する岡野さん(左)=四日市市下之宮町のあさけプラザで】

【四日市】四日市市伊坂台の岡野書道教室の作品展が27日、同市下之宮町のあさけプラザ2階、第1小ホールで始まった。28日まで。

小学生、高校生、一般の生徒と教室を指導する書家の岡野敬子さん(65)ら27人が手掛けた力作103点を展示している。

硬筆、毛筆のほか、溶かしたロウで文字を書いて背景に色を付け、白抜きの文字を浮かび上がらせた蝋書(ろうしょ)の色紙も並ぶ。

訪れた人は一つ一つの作品の前で足を止め、熱心に見入っていた。