新型ウイルス 再拡大懸念、対策徹底を 知事が呼び掛け 三重

【記者会見で、感染防止対策の徹底を呼び掛ける鈴木知事=三重県庁で】

鈴木英敬三重県知事は24日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症の再拡大が懸念される年度替わりを前に、歓送迎会や転勤に当たっての感染防止対策を徹底するよう、改めて県民に呼び掛けた。

鈴木知事は「首都圏の感染者は下げ止まり、変異株も拡大傾向にある。感染症の脅威は過ぎ去らず、警戒を緩める状況にはない。再拡大の防止に向け、いち早く感染の芽を摘み取ることが重要」と訴えた。

その上で、大人数で長時間に上る歓送迎会への参加は控えるよう要請。首都圏や名古屋市、大阪市といった営業時短要請が出ているエリアへの移動は避けるよう呼び掛け、県外移動には「慎重な検討」を求めた。

「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい」とする戦前の物理学者、寺田寅彦の著書を引用。「困難な局面を必ず克服できる」と語った。

会見に先立つ感染症対策本部員会議では「第3波」の検証結果を共有。「県外移動の自粛で感染拡大の端緒を抑えることができた」「年末年始に飲食由来の感染を十分に抑えられなかった」などと結論づけた。