サッカーなでしこ 伊賀主将ら勝利誓う 開幕戦向け12チーム会見 三重

27日に開幕するサッカー女子のなでしこリーグの開幕会見が22日、オンラインで行われ、三重県内から唯一参加する伊賀フットボールクラブくノ一三重など1部12チームの主将らが開幕戦の勝利を誓った。

9月に開幕する日本女子初のプロリーグ「WEリーグ」発足に伴い、国内最高峰リーグの位置づけから、国内アマチュア最高峰リーグの位置づけとなる。1部12チーム、2部8チームが参加し、それぞれ2回戦総当たりのリーグ戦を戦う。

第1節は27、28日に全国各地で行われ、伊賀フットボールくノ一三重は28日、本拠地の伊賀市上野運動公園競技場にコノミヤ・スペランツァ大阪高槻を迎えて開幕戦を行う。作間琴莉主将は「攻守で主導権を握り、最後のフィニッシュの精度を高めて試合に臨みたい」と抱負を話した。