三重県民限定の宿泊クーポン 県が発行へ、1泊最大6500円割り引き

【ぶら下がり会見で、宿泊クーポンの発行を発表する鈴木知事=県庁で】

三重県は19日、県内にある宿泊施設の利用料金を割り引く「みえ得トラベルクーポン」を、県民限定で発行すると発表した。1泊当たり最大6500円を割り引く。20日から申し込みを受け付ける。

県によると、利用期間は22―30日まで。1泊当たり6500円、金曜と土曜は5千円を、旅行会社の窓口やインターネットサイトなどで割り引く。観光三重のホームページに詳細を掲載する。

県は「感染状況を見極める」とし、緊急警戒宣言解除後も宿泊クーポンの発行を控えてきたが、感染者の減少などを踏まえて発行を決めた。事業費は1億3千万円。6月補正予算案に計上した関連費で賄った。

鈴木英敬知事は19日のぶら下がり会見で、クーポンの利用を短期間にした理由について「感染のリバウンドを防ぐため」と説明。今後の感染状況を踏まえて4月以降の再発行を検討する考えも示した。