新型ウイルス 県内、新たに8人感染 三重

三重県は18日、10歳未満から90代までの男女計8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者が10人を下回るのは12日連続。県内の感染者は延べ2626人となった。

県によると、新たに判明した感染者は、四日市市と津市で2人ずつ、鈴鹿市、伊勢市、松阪市、志摩市で1人ずつ。このうち津市の2人を除く6人は、今のところ感染経路が分かっていない。

伊勢市の50代女性は、県立一志病院(津市)の看護師。15日に発症し、17日の検査で陽性と判明。10日から新型コロナとは別の疾患で一志病院に入院していた90代男性の感染も判明した。

県は2人との接触が確認された入院患者や職員ら計128人を対象に検査を実施し、全員の陰性を確認した。病院は22日まで新規の入院受け入れを停止する。外来診療は通常通り実施する。

津市の10歳未満男児は16日に判明した感染者の同居家族で、濃厚接触者に特定されていた。男児の小学校では教員や児童ら28人が検査を受ける。同校は18日の卒業式を来週以降に延期した。

また、四日市市の男子高校生は12日に発症し、17日の検査結果から陽性と判明。17日まで市内の高校に登校していたといい、市保健所は生徒や教職員ら72人を接触者として検査する。