生産性向上など意見交換 中小企業基盤整備機構

【オンライン意見交換会を行う中小企業応援士】

独立行政法人中小企業基盤整備機構中部本部はこのほど、オンライン上で中小企業応援士の意見交換会を開催し、愛知・岐阜・三重から5人の中小企業応援士が参加した。中部地域で2回目の試み。

中小企業応援士は、課題を抱える中小企業・小規模事業者を、各地で活動している企業経営者や地域支援機関の代表者とともに応援する。同機構が委嘱する制度で、令和元年度に創設され、全国で147人いる。

会議では、中小企業の生産性向上や、地域の活性化について意見交換した。企業のロボット化・オートメーション化には社員の意識を変えることが不可欠で、地域の活性化にもデジタル化が不足しているといった意見が出た。