漁船転覆、5人救助 志摩の海上、油が流出 三重

【志摩】16日午前10時半ごろ、三重県志摩市大王町崎から東北東約20キロの海上で、巻き網漁をしていた漁船が転覆しているのを飛行訓練中の自衛隊ヘリが発見し、所属する小牧基地を通じて海保に通報した。乗組員5人は近くの僚船に救助され、無事だった。燃料油とみられる油の流出があり、除去活動を続けている。

同海保によると、漁船は巻き網の回収作業中に転覆したといい、漁獲物の重みでバランスを崩した可能性もあるとみて詳しい原因を調べている。