105万円詐欺被害 津の50代男性、融資名目 三重

【津】津署は16日、三重県津市の50代の会社員男性が、現金約105万円をだまし取られる詐欺被害に遭ったと発表した。融資保証金詐欺事件として調べている。

津署によると、2月15日ごろ、男性の携帯電話に男から「借金できないですよね。私どもで書類を作ったら融資できます」などと電話があった。さらに上司を名乗る男から「信用性を保証しなければならない。積立金を振り込んでください」などと言われた。その後も電話で「まだ信用が足りない」などと言われ、同22日から今月11日までの間、津市などの金融機関のATMから計105万円を指定口座に振り込みだまし取られた。

男性が同署に相談して発覚した。