コロナ克服募金に100万円 連合三重が寄付、医療支援へ

連合三重は15日、県の「新型コロナ克服みえ支え〝愛〟募金」に、現金100万円を寄付した。県は新型コロナウイルス感染症の対応に当たる医療従事者への支援に活用する。

新型コロナに関する差別や誹謗中傷をなくす「シトラスリボンプロジェクト」の一環で作成したバッジの販売で得た寄付金などから賄った。バッジは3千個を作成したという。

この日、吉川秀治会長が県庁で鈴木英敬知事に寄付金の目録を手渡した。吉川会長は「差別をなくして優しさを広げる活動は全ての基礎となる。今後も活動を広げたい」と述べた。