大紀町で記録的大雨 中南部4市で一時停電 三重

三重県内では12日夜から13日朝にかけて大雨が降り、1時間当たりの降水量が120ミリを超えた大紀町付近では記録的短時間大雨情報が気象庁から発表された。県によると、この雨の影響による人的被害や土砂災害は発生していないという。

中部電力パワーグリッドによると、大雨の影響で木が倒れて電線に接触したことで、13日、伊賀市と津市の計約210戸が一時停電。伊勢市と鳥羽市の一部でも雷の影響で計約20戸が一時停電した。

近鉄によると、志摩線の上下線で部分運休を含め計12本が運休し、上下線計30本に最大で約17分の遅れが生じ、約5千人に影響が出た。JR東海では参宮線と紀勢線で一時運転を見合わせた。