鈴鹿サーキットに新アトラクション フランス家庭菜園テーマの立体迷路 三重

【立体迷路型の新アトラクション「菜園めいろポタジェンヌ」=鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットで】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットは13日、自然とふれあうエリア「チララのハローガーデン」に、立体迷路型の新アトラクション「菜園めいろポタジェンヌ」をオープンする。

フランス式の家庭菜園「ポタジェガーデン」をテーマにした5階建ての立体迷路で、広さは約450平方メートル。外壁に松阪市産の木材を使用した。

迷路内には、隠し扉や季節の果物や野菜をモチーフにした仕掛けのほか、12カ所にスタンプが設置してあり、スタンプラリーに挑戦できる。高さ12メートルの屋上からは、滑り台が楽しめる。

幼児から小学生をメインターゲットとし、植物や自然に対する好奇心を育むのが狙い。

料金は1回800円。所要時間は約40分。小学1年生から1人で利用できる。

同サーキットでは「体を思いっきり使って楽しんでほしい」と話していた。

問い合わせは同サーキット=059(378)1111=へ。