全国学生書き初めで大臣賞 四日市高の阪田さん、硬筆の部 三重

【全国学生書き初め展覧会で最高賞を受賞した阪田さん(左)と日沖市長=いなべ市役所で】

【いなべ】三重県いなべ市在住で、第36回全国学生書き初め展覧会に出場し、高校生・学生(専門学校、短期大学、大学、大学院)の硬筆の部で最高賞となる文部科学大臣賞を受賞した阪田朱唯斗(しゅいと)さん(四日市高2年)がこのほど、日沖靖市長を訪問した。毛筆、硬筆両部には全国から1万910点の応募があり、10人が文部科学大臣賞を受賞した。

阪田さんは「新型コロナの影響で教室に通う時間が限られ、自宅での練習が多くなりましたが、自分で目標を立てて自宅でコツコツと取り組んだことが結果につながり、うれしいです。社会人になっても字を生かせると思うので、今後もうまくなるために日々努力していきたいです」と抱負を語った。日沖市長は「受賞おめでとうございます。市民の誇りです。この才能を今後も伸ばしてほしいと思います」とねぎらいの言葉を掛けた。