桑名市 医療従事者のコロナワクチン接種開始 三重

【ワクチン接種を受ける竹田理事長(左)=桑名市寿町3丁目の市総合医療センターで】

【桑名】医療従事者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン優先接種が11日、三重県桑名市で始まった。市総合医療センター(同市寿町3丁目)の竹田寛理事長ら職員40人が接種を受けた。

同センターの接種対象者約1000人のうち、約300人に1週間ほどで現在供給されているワクチンを接種する予定で、今後はワクチンが届き次第、残りの職員への接種する。

一番目に接種を受けた竹田理事長は「接種は全然痛くなかった。接種が広がり、コロナが収束することを期待しています」と話していた。