副知事に服部統括監 三重県幹部人事、危機管理に日沖部長

副知事に服部統括監 三重県幹部人事、危機管理に日沖部長

三重県は12日の県議会代表者会議で、4年の任期を満了して年度末で退任する稲垣清文副知事(65)の後任に服部浩危機管理統括監(61)を充てる人事案件を報告した。また、県は令和3年度の部局長人事を内示。服部統括監の後任には、日沖正人防災対策部長(59)を充てる。(年齢は3月31日現在)

日沖氏の後任は、野呂幸利雇用経済部副部長(57)。定年の紀平勉総務部長の後任は高間伸夫四日市港経営企画部長(58)、同じく定年の福永和伸戦略企画部長の後任は安井晃廃棄物対策局長(58)が務める。

また、大橋範秀子ども・福祉部長の後任に中山恵里子東京事務所長(59)、大西宏弥地域連携部長の後任に山口武美総務部副部長(57)、前田茂樹農林水産部長の後任に更屋英洋同部副部長(57)を内示した。

部長級ポストとして新設する医療保健部の理事には中尾洋一同部副部長(58)が就任する。四港経営企画部長には高野吉雄戦略企画部副部長(56)、東京事務所長には、清水英彦防災対策部副部長(56)を内示した。

局長人事では、定年を迎える河口瑞子観光局長の後任として、小見山幸弘県土整備部副部長(56)が就任。同じく定年の湯浅真子議会事務局長の後任は、坂三雅人監査委員事務局長(58)が務める。

このほか、安井廃棄物対策局長の後任は増田行信雇用経済部次長(57)、坂三監査委員事務局長の後任は紀平益美出納局副局長(58)。加藤和浩病院事業庁長の後任は、長﨑敬之同庁副庁長(58)が務める。