鈴鹿市 コロナワクチン、来月19日接種開始 22日コールセンター開設

【22日のコールセンター開設などについて説明する末松市長=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市は11日、市民の新型コロナウイルスワクチン接種を4月19日から開始すると発表した。高齢者施設の入所者の接種を優先的に進める。在宅高齢者の接種開始は5月の中旬以降を見込む。

22日に接種予約などに対応するコールセンターを開設し、29日から高齢者対象の接種券(クーポン券)を順次発送する。

コールセンターは午前8時半から午後5時15分まで。オペレーター15人が日本語のほか、英語やスペイン語、ポルトガル語で対応する。

接種券の発送は令和3年度中に65歳以上となる昭和32年4月1日以前に生まれた約5万2400人が対象。在宅高齢者の接種予約開始は4月下旬ごろを予定している。

同日の定例記者会見で末松則子市長は「ワクチンの供給が速やかに計画的になればありがたい」と述べた。