新型ウイルス 住民接種のワクチン 来月中に全市町へ搬送 三重

【ぶら下がり会見で、ワクチン搬送の予定を発表する鈴木知事=三重県庁で】

三重県は11日、住民接種に使用する新型コロナウイルスのワクチンが、4月に県内の全市町に配分されると発表した。最も早く届く津市と四日市市では、同月12日にも高齢者への接種が始まる。ただ、4月に届くワクチンで接種できるのは高齢者の1割にも満たず、5月中のめども立っていない。

県によると、4月は5日の週に津市と四日市市、12日の週は桑名市や鈴鹿市など10市町、19日からの週には鳥羽市や尾鷲市など10市町に1箱ずつ届く。26日の週には29市町に1箱ずつ届く予定。

1箱分のワクチンは、約千回分の接種に相当する。ワクチンを受け取った市町の多くは、高齢者施設などの入所者を優先して接種する予定。一部の市町では、施設の職員にも併せて接種するという。

県が各市町の高齢者人口などを踏まえて配分を調整した。5月以降は、まず全市町に2箱ずつ行き渡るようにし、3箱目からは高齢者人口に占めるワクチンの配分量が少ない市町を優先して配分するという。

一方、1人につき2回の接種を想定しているため、4月に届くワクチンで接種できるのは2万5千人程度にとどまる。県は5月の搬送予定について「今のところ国からは具体的な回答がない」としている。

鈴木英敬知事はぶら下がり会見で「ワクチンが一度に届かないため、市町の意見などを総合的に勘案して配分先を決めた。4月は各市町で接種の体制が万全かを確認する期間にしてもらいたい」と述べた。