全日制7454人受験 県立高校入試後期選抜 ウェブでも合格者番号発表へ 三重

三重県立高校入試の後期選抜が10日、県内55会場であった。全日制は53校に7454人が受験し倍率は前年度と同じ1・06倍だった。合格発表は18日午前9時半から。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、今回初めて県教委の専用ウェブページでも合格者の受験番号を発表する。

感染症対策のため、受験生はマスクを着用して臨み、当日の体温や体調を記入した書類を試験会場で提出。各校は手指消毒用のアルコールを設置し、休み時間に換気するなど対策を講じて試験を実施した。

全日制では、国語▽数学▽社会▽英語▽理科―の5教科の学力検査を実施。県教委によると、受験会場で検査の不備や受験生による不正行為などのトラブルはなかった。

定時制は11校に161人が受験し、倍率は前年度より0・01ポイント低い0・28倍。通信制は2校に29人が受験し、前年度と同じ0・07倍。合格者が定員に満たない高校の再募集は18日午後4時に公告する。

感染症対策のため、県教委の専用ウェブページに合格者の受験番号を掲載。全日制と定時制は例年通り、志願先の高校でも受験番号を掲示する。通信制の合格者には各校の校長が通知する。