伊勢 高齢者らを無料送迎 「ぎゅーとら行こカー」運行 三重

【送迎車で買い物に訪れたお年寄りら=伊勢市二俣のぎゅーとら二俣店で】

【伊勢】食品スーパー「ぎゅーとら」(本社・三重県伊勢市)は1日、交通手段がないなど日常の買い物が困難な高齢者らを支援するため、住民を自宅から店舗まで無料送迎する「ぎゅーとら行こカー」のサービスを伊勢市二俣のぎゅーとら二俣店で開始した。同店のある中島小学校区の希望者を対象に運行し、お年寄りら買い物弱者を支援する。

同地区は市内でも高齢化率が高く、住宅街で近くに買い物する場所も少ない。地区の自治会から「高齢者が買い物に困っている」との声が上がっていたことから、中島学区まちづくり協議会がぎゅーとらに支援を打診。同社はすでに、買い物が不便な人のための移動販売車を実施しているが、実際に店での買い物も楽しんでもらいたいと、送迎車の運行を開始することになった。

ぎゅーとら行こカーは、一度に7人ほどが乗車でき、乗降用の手すりやステップを装備。当面週2日、1日4往復の運行で、事前登録すれば利用できる。買い物時間は約30分で、新型コロナウイルス対策として検温や手指消毒なども実施。運行日には利用者に事前確認の電話をするなど、買い物支援だけでなく、高齢者の見守りの役割も担う。

運行初日の出発式が同店で開かれ、同社や住民、鈴木健一市長ら市の関係者が出席した。同社の清水秀隆社長は「地域の声が、今回の送迎車につながった。全国的に数少ない取り組み。課題を改善しながら進めたい」とあいさつした。まちづくり協議会の竹内正幸会長(71)は「『玄関から玄関まで』の買い物弱者対策。ほかの地域にも取り組みが広がっていけば」と話した。

第1便を利用した88歳の女性は「自宅まで来てくれてよかった。移動販売より買い物が楽しめます」と話していた。

送迎車は、鳥羽市の一部地域でも今月から運行を始める。