松阪 自宅で温泉楽しんで いいたかの湯、源泉水販売 三重

【いいたかの湯の源泉水販売=松阪市飯高町宮前の飯高駅で】

【松阪】三重県松阪市飯高町宮前の道の駅「飯高駅」の温浴施設「香肌峡温泉いいたかの湯」は1日、源泉水の予約販売を始めた。

いいたかの湯は平成16年に県内唯一の道の駅にある温泉として開業。湯量確保のため新しく源泉を採掘し、昨年4月から供給を開始した。湧出量が大幅に増え、コロナ禍で「自宅で温泉を楽しみたい」という声もあり、販売に踏み切った。

湧出量は毎分49リットル。泉温17・7度。無色透明で塩味と炭酸味がある。

20リットルの専用タンクで販売し、初回はタンク込みで2千円。以降はタンク持参で千円。10倍に希釈して使う。予約はいいたかの湯=電話0598(46)1114=へ。午前10時から午後5時まで受け付け、水曜定休。