伊勢鉄道 快速と普通列車乗り放題 「どっちノリノリいせてつきっぷ」 三重

【販売を開始した「どっちノリノリいせてつきっぷ」=鈴鹿市桜島町1丁目の伊勢鉄道本社で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市桜島町一丁目に本社を置く第三セクターの伊勢鉄道は1日、3月中の全ての土、日曜日に伊勢鉄道全線(河原田―津)で、快速列車と普通列車に自由に乗り降りできる企画乗車券「どっちノリノリいせてつきっぷ」の販売を開始した。大人用は1枚千円で千枚、小学生用は1枚500円で300枚の限定販売。販売期間は28日まで。

約30年前の「青春18きっぷ」をイメージしたデザインの硬券で、記名して使用する。特急南紀には使用できない。

利用日は6、7、13、14、20、21、27、28日の計8日間。快速列車13・5往復、普通列車17往復が乗り放題となる。区間内の片道運賃は520円(大人)。

伊勢鉄道鈴鹿駅、玉垣駅、三重テラスオンラインショップで購入できる(オンラインショップでの販売は3月24日までで、別途要送料)。

同社によると、コロナ禍の影響で昨年の輸送人員は、前年より約6割減少したという。「感染対策はしっかりとしているので、まずは乗車してもらい、鉄道の良さを思い出して欲しい」と話していた。

問い合わせは伊勢鉄道本社=電話059(383)2112=へ。