次期三重県議選 定数、選挙区「任期までに条例化」 日沖議長会見

【定例記者会見で記者の質問に答える日沖議長=三重県議会議事堂で】

日沖正信三重県議会議長は1日の定例記者会見で、正副議長が任期を終える5月までには、次期県議選の定数と選挙区を決める条例改正を実施することを目標として、正副議長案の策定を急ぐ考えを示した。

日沖議長は会見で「できれば任期までに条例化まで行きたい」と述べ、条例案のたたき台となる見通しの正副議長案についても「とにかく早く示さなければならないと思っている」と語った。

一方で「全ての会派に納得いただける案を示すのは正直、難しいことだと感じている」と説明。策定の具体的な時期についても「副議長と頻繁に意見交換しているが、めどは示せる状況ではない」と語った。

また、正副議長案の策定に向けた服部富男副議長との検討についても「取り方や基本の考え方が違ったりする部分もある。副議長とすりあわせながら、一つずつやりとりをしているところ」と語った。