伊勢 スイートピー収穫最盛期 生産直売農家「明るい気持ちに」 三重

【華やかに咲くスイートピー=伊勢市上地町で】

【伊勢】卒業シーズンを前に、三重県伊勢市上地町でスイートピーの生産直売を手掛ける中川猛さん(69)のハウスでは、花の摘み取り作業が最盛期を迎えている。

花言葉で「門出」を意味するスイートピーは、卒業式や歓送迎会で人気の花。約20アールのハウスの中で、約15品種、約1万株が栽培されている。生育は順調で、鮮やかな赤や淡いピンク、濃淡の紫など色とりどりの花が咲き、甘い香りの中で収穫作業が進んでいる。作業は、3月をピークに4月まで続く。

中川さんによると、贈り物だけでなく、コロナ禍で自宅で花アレンジを楽しむ人の受注も増えているという。「今の時季は花持ちが良く、きれいな花を長く楽しめる。パステルカラーのスイートピーで明るい気持ちになってもらえたら」と話していた。

ハウスに併設する直売店「スイートメモリー」での販売は、5月の母の日まで。インターネット販売もある。問い合わせは=電話0120(87)3935=へ。