後期選抜は1・08倍 三重県立高入試、全日制の志願状況

三重県教委は26日、県立高校入試後期選抜の志願状況を発表した。全日制は53校122学科・コースの定員7017人に7565人が志願し、志願倍率は前年と同じ1・08倍だった。試験は来月10日に実施し、同18日に合格者を発表する。前期と同様に、新型コロナウイルスの影響で受験できない志願者を対象とした別の試験日も設けている。

学科・コース別で志願倍率が最も高いのは神戸理数で、3・50倍だった。津西国際科学の3・20倍、川越国際文理の3・05倍が続いた。最低は志摩普通で、0・08倍だった。次いで鳥羽総合学科の0・09倍、水産の水産資源の0・17倍が低かった。

定時制は11校18学科の定員583人に166人が志願し、倍率は前年度比0・02ポイント減の0・28倍。通信制は2校2学科の定員410人に30人が志願し、倍率は0・01ポイント減の0・07倍だった。

志願変更は来月3日から受け付ける。全日制が同5日まで、定時制と通信制が同4日まで。新型コロナの影響で受験できなかった人などを対象とした「追検査」は同23日に実施。追検査を受験できなかった場合を想定した「追々検査」も同29日に設けている。