大紀町長選、町議選あす投開票 三重

【度会郡】任期満了(3月12日)に伴う三重県の大紀町長選と同町議選は28日、投開票される。町長選にはいずれも無所属新人で、元副町長の服部吉人氏(62)=大内山と、元町議の柏木昭久氏(65)=滝原=(届け出順)が立候補し、舌戦を繰り広げている。町議選は前回から議席を3減らし定数11に対し14人が立候補している。

平成25年以来8年ぶりの選挙戦となった町長選は、新人同士の一騎打ちとなった。服部氏は人口減少と少子高齢化を主な争点とし、高齢者対策の充実を訴える。対する柏木氏は、錦地区で進められている防潮堤建設工事の是非を争点に掲げ、谷口町政からの脱却と変革を主張する。

投票は28日午前7時―午後6時まで町内15カ所の投票所で実施し、午後8時から同町崎のコンベンションホールで開票する。町長選は午後10時、町議選は同11時半ごろに大勢が判明する見通し。平成25年の前回町長選の投票率は85・01%だった。

町選管によると、22日現在の選挙人名簿登録者人数は7284(男3412人、女3872人)。