新型ウイルス 新たに10人が感染 8人はクラスター関連 三重

三重県は24日、50代―百歳以上の男女計10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち8人はクラスター(感染者集団)が発生した病院や介護施設の関係者。県内の感染者は延べ2496人となった。

県によると、新たに感染が判明したのは鳥羽市で7人、鈴鹿市と志摩市、伊勢市で1人ずつ。いずれもすでに判明している感染者の接触者だった。

このうち、クラスターが発生していた特別養護老人ホーム「鳥羽陽光苑」(鳥羽市)では、再検査で入所者6人と介護士1人の感染が新たに判明。この施設の感染者は33人となった。

同じくクラスターとなった鈴鹿中央総合病院(鈴鹿市)でも、当初の検査後に発症した入院患者1人の感染が判明した。院内の感染者は93人となった。