国内外スポーツで活躍 県、15人1団体を表彰 きょう式典 三重

三重県は24日、津市内で2020年度の県スポーツ賞表彰式を行う。国内外の競技会で活躍した県ゆかりのアスリートと指導者を年1回表彰し今回で49回目。新型コロナウイルスの感染拡大で大会の開催や海外派遣の中止が相次いだ影響で前回(51個人13団体)より少ない15個人1団体が表彰の対象となった。

大学生・一般対象の優秀賞、中高生対象の新人賞、指導者対象の特別賞に、県民に明るく元気な話題を提供した選手・チームを知事が表彰する奨励賞がある。

今回の奨励賞はいずれも県立いなべ総合学園高校レスリング部の2年生が受賞。コロナ禍で昨年10月に延期して開いた全国高校選抜男子55キロ級優勝の弓矢健人、昨年12月の全日本選手権女子53キロ級で優勝した藤波朱理が選ばれた。

津市新町のプラザ洞津で実施。県障がい者スポーツ協会、県スポーツ協会の表彰も併せて行う。